ヘッダー画像

改造したら純正パーツも忘れずに

車の買取一括査定をするときにマイナスポイントとなる部分があります。

それは改造車です。改造している車も専門の買取業者のほうに持っていきますと高額査定をしてもらえることもあるのですが、一般の買取店ではマイナスになるのです。

というのもあまり個性の強すぎる車は受け入れられない傾向があるからです。

それではこのような車はもうマイナス査定を受け入れるしかないのでしょうか。

image


そのようなことはありません。もしも純正パーツを持っているのであれば買取一括査定の時にマイナスにならずに済むのです。純正パーツも一緒に査定してもらうのです。

そして一つ知ってもらいたいのは売るときにはカスタムパーツを純正のパーツに取り換える必要はないということです。そのまま持って行ってください。

純正のパーツを持っているということを伝えますとそのことを考慮した査定をしてくれます。

純正のパーツを持っていた場合でも車をいじるときに元々クルマに穴をあけてしまったり傷をつけてしまった場合にはマイナス査定になってしまうこともあるのです。

ですのでもしも将来的に売りたい車は傷をつけるようないじり方をしないようにしてください。

そうしますと万が一売る場合でもいい額が付きます。